設計料について

●業務内容

1:建築・インテリアに関する企画・設計・監理
(新築・改修どちらも請けております)

2:上記に関する各種申請

3:施工チーム体制の元請・ご相談 

みなさんの設計事務所の印象は

工事金額が高くなりそう
敷居が高そう
設計料が高そう

などなどいろいろお聞きします。

そんなイメージで見られているのが実情かもしれません。

でもみなさん考えてみてください。

いったい その建物に いくらかけるのか?

施工にお金をかけるのに、設計にお金をかけないのはなぜ?

家は買うモノではありません。ゼロから作り上げるモノなのです。

例えば「家を建てるぞ!」という時の一般の人のされる事は

・ハウスメーカーの展示場をめぐる →何を比べたらよいかわからない?ブランドイメージ先行で家を買う
・ホームページを検索してみる→何を参考にしていいのか?
・本を買ってみる。→どんな本を買っていいかわからない

などがあげられると思いますが
ぜひこの最初にとられる行動の選択肢のひとつに

・「しらいし設計室」に話を聞いてみる

を付け加えていただきたい。

建築業界全体のお話や、家とは?など熱く語り合いたい!

どんな些細なことでも気軽にお電話、メールでなんでもご相談ください。
(相談の段階でお金は発生しませんのでご安心ください)

●設計料

基本的に住宅新築の場合、工事費の10%〜15%を設計・監理の対価として頂いております。
(リフォームの場合は設計期間・工事内容等により個別に試算しております)

ただし個別に相談も伺っております。

また構造計算等が必要な場合「木造3階、鉄骨造、RC造など(目安として+2~3%)」、
遠方の場合の交通費などは別途頂いております。
ご了承くださいませ。

またお支払い時期の目安としては、

①設計契約時    設計監理料の10%
        ↓
②基本設計完了時  設計監理料の30%
        ↓
③実施設計完了時  設計監理料の30%
        ↓
④上棟完了時    設計監理料の20%
        ↓
⑤引渡し時     設計監理料の10%

とさせて頂いております。支払い時期につきましてもあくまで個別に対応致します。

なんなりとご相談くださいませ。